雇用管理サポートシステム

事例No.089

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:関東

取組内容

1.会議・委員会の連動性を明確にしたボトムアップの仕組み作り及び情報の共有

2.異動願制度により、希望の職場・職種を把握

3.福利厚生センターに全額法人負担により加入

4.職員親睦会の活性化により、職員間の円滑なコミュニケーションを図る

取組の背景

職員の定着においては、職場内のコミュニケーションに着目し、良好な人間関係と仕事上の意見交換が円滑にできる仕組みづくりと職員ニーズを的確に捉えること、スキルアップが実感できる研修制度の構築を心掛けた。

取組の効果

職員間のコミュニケーションが取りやすい環境づくりのために、福利厚生センターや職員親睦会の活用により、コミュニケーションの場を意図的に増やしている。また、会議・委員会の連動性を明確にしたボトムアップの仕組みにより、職員意見が幹部に届くことが明確になり、また、フィードバックを同経路で行うことで意見・要望が表面化してきた。また、職員の悩みやストレス、退職意向を早期に捉えることができ、対応が取りやすくなった。