雇用管理サポートシステム

事例No.077

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:近畿

取組内容

1.毎年1回の正規職員採用試験の他、原則として契約職員採用であるが、年度途中の採用面接を実施。 契約職員については、常勤で正規職員に準じた待遇(労働条件等は正規職員とほぼ同一。賃金は賞与を除きほぼ同一)としている。定期採用試験合格を条件とし、正規職員への登用も実施。正規職員採用試験補欠扱いの者は、契約職員として勤務可。

2.法人でヘルパー2級養成講座を開講。受講者に就職を勧めている。

取組の背景

・かつては、斡旋や口コミ、ハローワークへの求人を主としていたが、資質の向上や採用管理のオープン化のために公募試験採用を実施。

・介護の社会化を促進する観点、及び人材養成の視点から、ヘルパー養成講座を開講。

取組の効果

・正規職員は、試験合格が原則となるため、それなりの自信とプライドを持つ事になる。

・養成講座受講生は、法人関係施設での実習を通じて介護現場を直接体験。講義、実習を通じて介護の意義と重要性を啓発している。

・受講生から就職に結びつくケースは必ずしも多いとは言えないが、人材確保に一定の効果は認められる。