雇用管理サポートシステム

事例No.074

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:北海道・東北

取組内容

1.新人職員の年齢が近い先輩を指導係として、仕事上の疑問点が悩みを話しやすいように考慮している。

2.月1回小グループの会議を開催し些細な事でも話せる機会を設ける。

3.勤務表作成時には、事前に休みの希望をとり出来る限り希望に添えるように配慮している。

取組の背景

夜勤勤務が続かないにローテーションを組んでいる。

取組の効果

・年齢が近い為か話しやすく仕事上がかりではなく私生活においても相談役になり、良い関係を保ち職員間のトラブルで離職する事が減っている。

・会議を開催する事で担当利用者の対応について他のスタッフがアドバイスをもらい一人で悩む事がなく行き詰まって離職する事が少ないと思う。

・勤務表に考慮をする事で働きやすい環境となり好評である。