雇用管理サポートシステム

事例No.073

○主な事業:老健 ○法人形態:医療法人 ○地区:九州

取組内容

1.若年層の給与体系が低い(昇給で調整)ため、課題としては、給料表の見直しが必要。

2.ハローワークへの募集に加え、就職ガイダンスへの参加及び学校訪問。

3.新人教育(育成プログラムの作成)及び担当職員の配置及び中堅職員の中堅職員研修の参加。

各研修会及び勉強会への参加。施設内研修の実施。

人事考課制度による、各職員へ課題を与え、次回の人事考課で評価し、昇給・賞与への反映。

4.介護の種類をまとめて、同じメンバーによる構成にした。

取組の背景

<職員との面談>

1.給与が低い。

2.公休がきっちり取れない。

3.仕事への魅力感、将来感。

<退職者の退職理由>

1.会議、委員会議等出席が多い。(時間外等)

2.コンピュータ化に伴う不安。

取組の効果

1.若年層の基本給を昇給で調整した。

2.看護師 1名の補充と1名の増員。(ともにハローワークより)

介護職 4名の補充。(うち介護福祉士 2名)ハローワークより

就職ガイダンス(H20.8.6 )への参加、学校訪問により、新卒5名の内定。

内当施設(大卒1名、専門学校卒1名、高卆1名)を内定した。(増員のため)

3.年度初めに各研修会への参加を振り分け予算化した。(全国大会、九州大会への参加)

今年度、3日間他施設への研修。(県内1施設へ2名、宮崎1名、福岡2名)

4.育成プログラムに沿って、担当職員が新人教育にあたったため、業務がスムーズになり、急成長している。(特に施設)  の理念、方針に沿ったケアの確立)

5.会議をまとめることにより、出会数が減り、効率の良い会議が進められるようになった。

※来年度は、職員満足度調査を実施予定。