雇用管理サポートシステム

事例No.071

○主な事業:老健 ○法人形態:医療法人 ○地区:九州

取組内容

1.ひとつの施設・事業所単独で求人するのではなく、法人全体で求人を実施。

採用希望者の就職ニーズと雇用する側のニーズに差異がある場合は、速やかに法人内の該当施設や事業所の紹介を行うこととしている。

2.採用後の入職前に、法人全体でのオリエンテーションを3日間実施。法人の理念の伝達や各施設責任者による施設説明、施設見学などを行う。その後、各職場におけるオリエンテーションを実施し、職場理解を円滑に深められるようにしている。

3.新人職員を対象とした宿泊リフレッシュ研修を実施。

取組の背景

・入職後、仕事内容やメンタルな部分についての負荷を少なくするため。

・新人職員の定着率を高めるため。

取組の効果

・事前に職場理解を深めることで、円滑な職務遂行が可能となった。

・職員間に仲間意識が醸成され、相互に抱える悩みや課題を相談できるようになった。

・定着率が高まった。