雇用管理サポートシステム

事例No.540

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:九州

取組の背景

・職員の定着と育成を目指して、職員研修の拡充を図る仕組みを検討したい。

・助成金を活用して職員研修を行いたい。

・職員のストレスケアのための研修について相談したい。

取組の内容

・人材育成コンサルタント相談を実施。上級職員向けの研修をすることにより、マネジメントを意識した人材を育てていくこととした。中堅職員40名中6名程度を選抜し実施する。1日4時間の研修を5日間(計20時間)実施するという提案を受けた。目的を「チームに対する役割意識・リーダーシップをどう発揮するか・次期管理職としてマネジメントの視点を育成する」とし、研修計画を立てた。ケア
・サポート講習として実施することとした。

・人材育成コンサルタント集団型相談を実施。「利用者体験と言葉遣い」をテーマとし、自分たちの日常の行動や対応の仕方にフォーカスをあて、振り返りを行った。

・雇用管理コンサルタント相談も実施。ケア・サポート講習を行う際に活用できる「キャリア形成助成金」「キャリアアップ助成金」「職場定着支援助成金」について説明を受けた。計画申請や、導入にあたっての留意点についての説明を受けるとともに、所管機関とも十分相談して進めるようアドバイスを受けた。

・ヘルスカウンセラー集団型相談を実施。「自分のためのストレスケア」をテーマに職員研修を行った。

・ケア・サポート講習の実施。下記の5回実施した。
  10月 「介護専門人材の育成スキル①」
  10月 「リスクマネジメント」
  11月 「認知症ケア」
  11月 「職業倫理とコンプライアンス」
   1月 「介護専門人材の育成スキル②」

取組の効果(改善点)

・希望していた上級職員向けの研修を実施することができた。

・助成金に係る訓練計画の作成・提出、訓練の実施、支給申請書の提出がスムーズに行えた。

・上級職員のみならず、職員全体への研修も行うことができた。