雇用管理サポートシステム

事例No.511

○主な事業:有料老人ホーム ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:九州

取組の背景

 施設理念の実現のためには人材の定着が不可欠であり、職場環境改善への取り組みが必要である。
 その中の一つに、一人一人がやる気を持ち、組織の中で自身がどの位置にいてどんな役割があるのか、また今後の目的地を自ら定め、何を習得していくべきかを示す物が必要など、自身の成長が感じられる職場づくりを目指すこととしたが、具体的にどのような方法で進めていけば良いか知りたい。

取組の内容

 介護労働安定センターの雇用管理コンサルタントによる集団型相談及び個別相談を受け、以下のことに取り組んだ。

・管理者等に対し、人事考課制度導入の考え方、進め方の講話を実施。

・業務チェックシートにてレベル別、職種別の確認を行った。

・目標設定シートを活用し、個人毎の目標設定を行った。

・認める、褒めるためのコミュニケーションツールを活用し、できる・できないの自身の確認を行った。

・年2回職場面談を実施。

・事業所内研修として年間研修計画を策定。

・独自のキャリアパスプラン一覧を法人全体に周知。

取組の効果(改善点)

・業務チェックシートを用いたことで個人のスキル(社会性・専門性)の把握ができ、研修計画策定 に繋げられた。

・業務チェックシート項目に対し回答を作成することで、マニュアルを作成できた。

・目標設定を行ったことで、業務に対して職員が主体的になった。

・現場リーダーの指導者としての認識が高くなった。