雇用管理サポートシステム

事例No.491

○主な事業:有料老人ホーム ○法人形態:民間会社 ○地区:関東

取組の要約

1.「気付きカード」の配布。

2.準社員制度の導入。

3.時間内ミーティング

4.有給休暇の取得促進。

5.事業所内託児所

6.「パパ産休」の新設。

取組の内容と効果(改善点)

1.事務所内のコルクボードに、全員に配布されている「気付きカード」を利用して、意見を張り出すことができる。賛成の職員はシールを貼り、シールの多い意見については、できる限り実現に努めている。些細なことまで吸い上げることができ、職員のやる気に良い効果が出ている。

2.無期雇用で、賞与・福利厚生・社会保険・退職金など、正規職員と同等の雇用条件で、勤務時間のみ、4.5~7.5時間に短縮できるようにした。子育て世代でやる気のある職員が集まっている。

3.月曜日の午前中にミーティングと勉強会をしている。家庭がある職員も全員参加できる時間帯となっており、全員のレベルがあがった。

4.有給休暇の取得状況をチェックしており、取得が少ないものには管理者が声がけをして取得を促進している。

5.事業所内に、保育士を配置した託児所を作った。子育て世代の就業を容易にした。

6.「パパ産休」を新設し、家庭と仕事のバランスに一役買っている。