雇用管理サポートシステム

事例No.409

○主な事業:療養 ○法人形態:医療法人 ○地区:近畿

取組内容

1.看護職は患者様ひとり一人の受け持ち制とし、介護職は部屋毎の受け持ち制を作りケアプランを作成し3ヶ月に一回の評価を行っている。

2.レクリエーションやお正月のケアのスケジュールを立案、師長の承認を得て実行する。

3.リハビリのカンファレンスにも必ず参加している。

4.院外研修にも積極的に参加させる。

5.教育委員会による院内研修の参加

6.個性を尊重して育成するという方針の下、毎年目標を書いてもらい師長が面談しフォローし達成できるように助言している。

取組の背景

1.職員(介護職を含む)のモチベーションの高揚のため。

2.介護職員のスキルアップを図るため。

3.関連施設と協力・連携し適切なサービス提供のため。

取組の効果

1.介護職の存在が認められる。

2.介護職員のやりがいにつながった。

3.介護の立場で意見を言う場を提供でき、発言できるようになった。

4.自ら積極的に仕事に取り組む姿勢が養われた。

5.根拠に基づいたケアの提供ができるようになり、自分への自信につながった。

6.個々の能力を見て個別指導をすることにより向上心が強くなった。

※上記の結果、介護福祉士3名、ケアマネージャ1名が誕生した、また介護職から「毎日が楽しい」という言葉が聞けるようになり、患者様がとても穏やかな表情をされるようになった。