雇用管理サポートシステム

事例No.403

○主な事業:老健 ○法人形態:医療法人 ○地区:近畿

取組内容

1.敷地内に附属保育所設置(0歳~6歳・小学3年生までの学童保育)することにより産後休暇、育児休暇終了後、即時業務に復帰できる。

2.産児休暇・育児休暇については、法令遵守はもとより、母性保護の観点により勤務形態の配慮等を行っている。

3.子の用件(懇談・参観)については、半日有給を認めている。

取組の背景

出産・育児により就業を断念するのではなく、安心し就業を行うことができ、長期継続勤務を可能とするため。

取組の効果

・特別な事情の無い限り就業を断念することは少ない。

・敷地内に附属保育所があるため、傷病時又は授乳等に即時対応出来る。

・半日有給を取得できることにより勤務者の勤務意欲の向上、勤務者の確保等で事業所、職員双方メリットがある。