雇用管理サポートシステム

事例No.394

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:近畿

取組内容

1.就学前の子どもを養育している職員について必要な場合は、勤務時間の短縮を認めている。

2.小さい子どもを養育している職員で申し出があって必要と認めた場合は、夜勤を外すなどの配慮を行っている。

3.採用時に勤務条件などを細かく聴取して、配慮するようにしている。

取組の背景

一人親家庭など、小さい子どもを養育している職員に対する配慮が必要なケースが増えている。

取組の効果

・保育園や学校の時間にあわせた勤務を配慮する事により、安心して働く事ができる。

・子どもに手がかからないようになった時に、より一層やる気を持って働いてもらえる。

・職員に手厚い職場であるという感覚が他の職員にも浸透する。