雇用管理サポートシステム

事例No.388

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:北海道・東北

取組内容

1.いいこと見っけボックスの設置

2.施設を明るくするアイデアを募集

3.全職員が集まれるように忘年会に1人 5,000円を補助

4.わくわくプロジェクトを実施・・・元気のでるような施設作り→例えば、おむつ交換をネーミングを換えて呼ぶ等。現在、施設内外にイルミネーションを飾っており、きらやかである。

取組の背景

働きやすい職場環境づくりを検討している中、常にポジティブに明るく前向きにとの発想で、個人の欠点を見つけるのではなく、日常の中で誰がしているかわからないちょっとした良い事、たとえば早く来て花に水をあげてくれてた職員や、いつも流し台を掃除していてくれた人など、いままでは、誰が行なっていたか気がつかない様な事に光を当てて、職員の良い所、行動を見つけだして投書してもらう。それを職員玄関に張りだして公表し、みんなで認識して感謝することを目的に始める。

取組の効果

いいこと見っけボックスに書く人も、あらためて職員のいい所をさがそうとするし、書かれた職員も自分を見てくれていた人がいたと言うことで、またがんばることができ、職員同士がお互いを認め合い、楽しく明るい職場環境にもつながった。