雇用管理サポートシステム

事例No.384

○主な事業:療養 ○法人形態:医療法人 ○地区:近畿

取組内容

契約託児所を利用した場合、保育料を法人で一部負担することにより、仕事と子育てを両立できるように支援している。

取組の背景

専門職の確保が困難な実態があったため、また仕事と子育てを両立できるように支援するため保育料の約8割を法人負担とすることで、雇用の確保をする必要があった。

また、少子化傾向の状況における子育て支援として21世紀職業財団の助成制度が活用できるということから実施した。

取組の効果

・一定の効果はあった。