雇用管理サポートシステム

事例No.036

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:近畿

取組内容

1.自己申告書の提出 年2回(6月、12月)すべての職員が提出。過去半年の自己の目標達成度合を振り返ると共に、以後半年間の目標を設定する。

2.考課評定の実施 年2回(6月、12月)すべての職員を対象。第一次評価は本人、二次評価は直属の上司が行なう。

3.個人面談の実施 上記をもとに職階に応じて面談者(複数)を定め、個人面談を行う。 面談の内容は、上記に止まらず資格取得の勧めや、異動希望など個人の思いを引き出すようにしている。

取組の背景

休日や勤務時間の異なる交替勤務が基本である介護の現場では、職員それぞれのモチベーションを高め維持することが重要である。

これらの施策は従来も行なってきたことではあるが、年度によっては実施できないことがあり、互いのコミュニケーションの不足が感じられるようになり、今一度、基本に立ち返り忠実に実行することとした。

取組の効果

これらの施策が定着した今年度は、昨年度に比べて退職者が大幅に少なくなった。