雇用管理サポートシステム

事例No.351

○主な事業:老健 ○法人形態:医療法人 ○地区:九州

取組内容

1.安全衛生委員会を設置。毎月1回委員会を開催し、感染症の予防や腰痛対策の運動などを奨励している。

2.職員に対する疲労度調査を毎年2回実施。職員の状態把握に努めている。

3.介護職員の腰痛防止の目的で、毎朝腰痛予防体操を実施。更に、福利厚生事業として法人鍼灸マッサージ院での「クイック・マッサージ」を1回100円の低料金で実施することにより、腰痛発生時の円滑な診察を奨励している。

4.その他、非常勤職員についても、毎年健康診断を実施。

取組の背景

1.職員の体調管理の把握。

2.疲労度調査を実施した結果、腰痛を抱える職員が多い。

取組の効果

1.疲労度調査の実施により、定期的かつ確実に職員の体調管理を把握することが可能となり、異常の早期発見に寄与できている。

2.クイック・マッサージでは、腰痛を抱えながら無理を重ねるのではなく、速やかな受診を促すことが可能となった。また、気軽に早期の対応が可能となり、腰痛の悪化防止に寄与できている。