雇用管理サポートシステム

事例No.295

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:近畿

取組内容

1.法人全体で、新規採用職員に対するオリエンテーション及び集合研修を実施。

2.永年勤続表彰(勤続20年以上)を実施。全国レベルでの表彰受賞者は法人役員会で披露、記念品の授与。

3.外部の研修会には受講を積極的に奨励、出張扱いの研修とする。施設内部の研修については、各ユニット、フロアでテーマを設定、毎月実施。

4.法人全体で毎年中堅職員研修を実施。外部講師を招聘した講義、グループディスカッション等を行う。

5.介護福祉士、介護支援専門員、社会福祉士等の資格取得を奨励、資格取得に応じて給与の格付けアップを実施。

6.施設の運営上必要な専門資格の取得については、受講助成金を支給。(例、大型自動車免許取得ほか)

7.毎年、児童部門と高齢者部門で交互に法人職員研究発表会を開催。

取組の背景

1.法人で採用された職員としての自覚を促す事、法人の運営理念や一定の共通意識を共有する事が必要である事。

2.同期採用職員として、法人内他の施設の職員との仲間意識を持たせる事が必要。

3.日常の介護源での取り組みの様子や、実践を市民や関係者に公開報告する事により、啓発とPR,介護チームのレベルアップを目指す。

取組の効果

1.法人職員としての自覚と誇りを持つ事になり、連帯意識の醸成に繋がっている。

2.人材の育成に法人、施設が積極的に取り組んでいる事を職員も意識するようになり、職員の能力開発につながっている。