雇用管理サポートシステム

事例No.292

○主な事業:老健 ○法人形態:医療法人 ○地区:九州

取組内容

1.研修は、学会等を含め、年間スケジュールを立てて実施している。

2.各部所長は、OFF-JTとして、職業能力開発協会の管理職研修に1人年2回以上参加している。

3.資料は、会議時に配布し、全職員が閲覧出来るようにしている。

4.加入団体の、初任者研修、中堅者研修、専門研修、管理者研修に経験年齢と役職に応じて受講している。

取組の背景

1.管理職員研修は、各所属長の労務、時間管理について(現在も)認識の差があり、統一させる必要があった。

2.施設内のみで勤務する職員は、施設内だけでは、介護業界の流れや資格取得の意味を実感することが出来ず、現状に満足をしてしまう。より多く、外部研修を受講させ、事業所内を活性化させたかった。

取組の効果

研修受講に対する意識が上がった。自主的に研修を受講するものも出てきている。その内容を施設の業務・利用者へフィードバックしているかの評価は、現時点では不明。