雇用管理サポートシステム

事例No.291

○主な事業:老健 ○法人形態:医療法人 ○地区:九州

取組内容

職員の意向を踏まえ、認知症や褥瘡、排泄などテーマ別に役割を設定。知識技術取得のための研修に派遣している。

取組の背景

職員の職務意欲向上のための方策を検討。毎年秋に、全職員を対象とした個別面談を実施し、個別面談にて確認された職員別の嗜好性や興味を持って取り組みたい事項等を整理し対応する必要を感じる。

取組の効果

1.職員の興味を焦点化することにより、集中して特定の事項に取り組みを継続することが出来る環境整備が行えた。

2.職員がより主体的に職務遂行が出来ることとなり、職員資質の向上に寄与することができた。

3.毎年度課題の設定を行うことで、職員が抱える問題を把握しやすくなり、コミュニケーションの円滑化に寄与出来ている。