雇用管理サポートシステム

事例No.284

○主な事業:老健 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:北海道・東北

取組内容

1.自己統制に基づく目標による管理制度(MBO)を実施し、考課と給与と昇給に連動させている。

2.新卒採用職員、中途採用職員については、OJTをシステム化し運用している。

3.資格取得促進奨励金制度を運用し、資格取得者に受験費用の補助、給与における手当を支給している。

4.経験年数の段階別に研修制度を体系化している。

5.管理職については、別途管理職研修を体系化している。

取組の背景

1.頑張った人とそうでない人が同じ賃金であれば、労働に対するモチベーションが低下する。

2.OJTをシステム化することにより、サービス品質が均一化される。

3.資格取得に対するインセンティブの必要性がある。

4.研修制度の体系化により、職員が自身の能力開発の励みとなる。

5.管理職の能力アップが必要。

取組の効果

1.考課と給与、昇給が連動することで、モチベーションを維持できている。

2.OJTを実施することで、新職員の不安が解消されている。

3.資格取得者が増加した。

4.職員自身が研修を自覚できる様になった。

5.管理職の自覚が出た。