雇用管理サポートシステム

事例No.028

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:北海道・東北

取組内容

人材にバラツキがあり管理が及ばず、離職者が絶えなかったため、職員個々の尊重方針の限界を感じ、上意下達の管理体制を敷くと共に、職員間のコミュニケーションを活発化した。

職員間の和を図る手段としてパソコンの台数を増強し、全員のパソコンスキルが一定レベルの域に達するような課題を与え、取り組ませた。

取組の背景

・施設開設にあたり、有資格者の確保が最重要課題であったため、員数をそろえることに専念したがため、人材にバラ付きがあり管理が及ばず、離職者が絶えなかった。

取組の効果

1.パソコンのレベルアップの課題達成のため、初心者が熟練者に教えを求める環境が整い、職員間のコミュニケーションが活発化し、職場の雰囲気が良化した。

2.パソコンに限らず、不明なことをそのまま放置せず「仲間、上司から聞く」「教えあう」「調べる」等の行動が活発化した。

3.思いやりの精神が自然な形で育まれ、利用者の扱いに気持ちが込められようになった。

4.職員が定着化した。