雇用管理サポートシステム

事例No.027

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:北海道・東北

取組内容

1.新規採用者は期間雇用職員として採用するも、正職員の処遇に少しでも近づけるよう賞与を支給している。また、正職員への登用は3年としているが、介護福祉士は半年、他の職員は1年とすることで検討を急いでいる。

2.21年4月の介護報酬の改正を機に、有給休暇の取得促進、職員の増員等を図り、職場環境を整備して職場定着に努めたい。

取組の背景

・欠員補充に対する応募者が少ないことから、魅力ある採用条件を整え、良好な介護職員を確保したい。

・職員の業務過重により、体調不良による離職者が出ていることから、負担軽減を図り職場定着に結び付けたい。

取組の効果

・止むを得ない自己都合退職者はいるものの、その他を理由とする退職者は減少している。

・賞与支給等の処遇改善もあり、職員の勤務年数は平均4.8年と伸びている。