雇用管理サポートシステム

事例No.268

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:北海道・東北

取組内容

1.外部の講師を依頼しての勉強会を開催。

2.施設内の勉強会を月1回開催(夜7時から開催)。

3.施設内で赤十字救急員養成講座を開催。

取組の背景

1.2.3.共通  職員の資質向上に向けた研修を検討した中で、職員に業務における「不安は何か」とアンケートを取り、その結果を分析した研修を企画。

取組の効果

1.精神科医によるストレス部門、顧問弁護士によるリスク部門、接遇部門などその専門家による講演を聴くことで職員のスキルアップにつながった。

2.職員同士のテーマ別の勉強会なのでお互いに向上心がうまれ専門性を磨くことが出来た。

3.全介護員が、救急員の資格をとることを目的にして、赤十字の指導員を施設に派遣してもらい実施する。介護員が一番不安要因としてあげている、夜間時の急変者への対応があるが、じっくりと時間をかけて蘇生法を練習することで克服できた。