雇用管理サポートシステム

事例No.267

○主な事業:老健 ○法人形態:医療法人 ○地区:近畿

取組内容

1.院内研修体制の強化

・月1回全体での研修会を実施。外部講師も招聘し内容の見直し実施。

・新人研修、管理職研修の見直し実施。

・職員アンケートを実施。その中より希望の多い研修内容を選択し実施。

2.各部署の中で専門的な研修会を計画・実施。

3.院外研修体制の強化

・研修参加の補助制度を見直し。特に新人・管理職に研修の機会を強化。

取組の背景

1.背景としては介護職員の離職率が高く、定着対策、能力開発として平成19年度より体制強化。

2.院外研修の参加について積極的な推進の方針を立案したため。

取組の効果

1.院内研修に関して

参加人員としては大きな変化は見られないも、内容により増員傾向あり。

2.各部署の研修

各部署で月1回程度の計画を立案し、実施されている。より専門的な内容の実施が出来ており、具体的な内容となっている。

3.院外研修

特に新人研修の参加者がアップ。研修参加件数もアップしている。