雇用管理サポートシステム

事例No.256

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:北陸甲信越・東海

取組内容

1.機能基準...入社日から1ヶ月間(業務手順習得)、入社日から3ヶ月間(業務手順習得)

2.自己評価...全職員(指導担当者が指導)

3.居室担当を配置...専門性の評価

4.アンケートの実施...利用者及び家族に対して

5.資格取得の情報提供

取組の背景

1.新入社員の年齢が若くなり業務上の役割ができない。経験年数の差と思うが、仕事の流れ等にばらつきがあった。

2.職員とのチームワークが乱れる。(乱れると人間関係が悪化し悪影響)

取組の効果

1.業務手順事項を出したことにより、内容が明確になり、責任を持ち、互いに会話ができ明るくなった。

2.居室担当により、各職員の個性が出て、バラエティな環境ができ、利用者の生活感がにじみ出ている。反面、担当者は生き甲斐を感じる。

3.自己評価については、自分で認識ができ向上している。

4.全職員が自分の仕事を理解し、なおかつロスのない仕事ができれば、専門職として自信がつき誇りを持って業務ができると思う。

5.介護福祉士や介護支援専門員等の情報、研修の情報を提供して、自分なりに業務の向上に努力している。