雇用管理サポートシステム

事例No.253

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:関東

取組内容

施設内で、通常行う業務(オムツ交換、入浴、移乗、バイタル測定など)の項目をあげ、新入職員に常時携帯させ、一つ一つの項目に、誰にいつ指導を受けたか、実際に行い、誰に、いつ、確認してもらったか、確認したものは、次回から一人で大丈夫かのチェックを行い、指導漏れのないようにしている。

取組の背景

ユニット型施設においては、配置されている職員が少なく、常に同じ職員が指導して行くのは、難しい状況である。職員間においても、新入職員が何ができるのか把握することが難しいとの意見もあり、チェック表を用いるようになった。

取組の効果

指導を受ける側としても、各個人のレベルに合わせ、覚えて行けるため、安心して業務が行える。落ちこぼれがない。