雇用管理サポートシステム

事例No.250

○主な事業:療養 ○法人形態:医療法人 ○地区:北海道・東北

取組内容

人事考課制度(職能給制度)の導入・実施  組織目標(職場目標等)、個人目標をリンクさせ設定し、進捗状況を中心に1回/3ヶ月、職場長等(上司)と面談を実施している。評価結果は半年毎に集約され、毎年4月に人事・賃金へ反映させている。

取組の背景

1.客観的な評価に対する欲求が強い。(認めてほしいという意見がある。)

2.職場長においてはOJT上の何らかの有効的な管理ツールが必要である。

取組の効果

1.職場内のコミュニケーションツールとして活用され、活性化が図られる。

2.より客観的なデータにより、賃金体系やキャリアアップが図られる。

以前は賞与に反映させていたが、今は、月給に反映させている。

人材育成の観点を崩さないことが大事である。