雇用管理サポートシステム

事例No.244

○主な事業:老健 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:近畿

取組内容

1.資格取得によるものとしては、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員について評価し、資格手当(職務手当)及び等級の昇格で対応している。

2.キャリアアップとしては介護リーダー、介護主任、介護長、副援護長、援護長の役職を設けて役職手当及び等級の昇格で対応している。

3.評価制度としては賃金への直接適用制度は行っていないが、業務遂行チェック表を被評価者用(自己評価用)と上司評価者用(評価者用)にもとづいて各々評価を行い、面談を通じて自己評価と上司評価の差異を確認し、本人の改善点を明確にして能力向上につなげている。(年に1回実施)

取組の背景

資格取得によるものと、役職アップに伴う賃金設定については、介護職としての専門知識の向上と、管理職へのキャリアアップへの動機づけとして必要不可欠な要素であると考える。

さらに、それを実現していく為に日々の行動の改善が必要となるとの視点から業務遂行の為の職務内容を詳細に明記し、自分自身の問題点を具体的に把握させ、自己能力アップにつなげていく事が必要との考えによる。

取組の効果

1.職員一人ひとりの問題点を明確にすることによって、自己目標の設定がしやすくなる。

2.上司と部下とが一人ひとり直接面談によっての接点ができる為、お互いの理解とコミュニケーションの向上につながっている。