雇用管理サポートシステム

事例No.222

○主な事業:老健 ○法人形態:医療法人 ○地区:九州

取組内容

1.人事考課を行い昇格を支援した。介護職の役職者配置を検討する。

2.ヘルパー有資格者の職員が介護福祉士の資格を得られるよう、資格取得事前講習会に参加させた。また、職員自身の向上心を施設全体で支援するためにも、勤務調整、費用は全額施設負担とするなどの優遇措置を図った。

取組の背景

1.離職理由の上位を占めるものに「経済的理由(給与)」があった。当施設では役職者になると手当が支給される。

2.ヘルパーと介護福祉士では年間給与に差があり、国家資格取得は経済的支援になると考えていた。

取組の効果

1.介護長や介護主任補佐に任令することにより、役職者としてリーダーシップを発揮する、また、他の職員の励みにもなる。

2.資格取得を通じ、介護に携わる喜びややりがいを感じてくれた。