雇用管理サポートシステム

事例No.214

○主な事業:グループホーム ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:近畿

取組内容

1.自転車で通勤出来る範囲の人を採用し、通勤手当を節約した。その代わり、通勤に二酸化炭素を出さなかったとして、「エコロジー手当」を創設した。

2.職員の一ヶ月間の勤務表を作成する際、勤務日の希望を言わないこと、及び、決定した勤務表に変更を言わなかった人には、「シフト協力手当」として、月1万円を支給することとした。

取組の背景

理事長の理念である

・近くの人を雇用する

・周辺に密着した事業運営

・施設の省エネ運営 を具現化した手当を創設したいという思いがあった。

取組の効果

1.新しいユニークな手当の新設で、話題が増え、理事長と職員の関係が親密なものになった。

2.シフト協力手当の新設で、割り切って勤務日変更の希望が出せるようになった。