雇用管理サポートシステム

事例No.202

○主な事業:老健 ○法人形態:医療法人 ○地区:中国・四国

取組内容

1.6ヶ月ごとに人事考課を行っている。1次評価と2次評価の複数段階評価制度を用いている。人事考課の評価は、賞与に反映している。1次評価時に被評価者と評価者の間で交わしたことは、記録している。

2.病院やデイサービスを併設しているが、全体で一つの賃金表を用いている。(正規職員)

3.毎年昇給を行っている。働いていれば、おおよそ賃金水準、他者との比較や将来収入予定がわかる。

4.子の看護休暇は、有給としている。慶弔休暇も、有給としている。

取組の背景

1.賃金の上昇につなげるためには、事業主側の求める姿(給与体系表の上昇につながる資質)に対して、目標をもって一つづつクリアをしてもらわなければならない。良い点は、さらに伸ばして欲しいが、評価点が低くなる理由も伝えておかなければならない。この考課を利用することによって、きちんと伝える手段としている。
 ただし、欠点を列挙するだけの方法でなく、良い点はさらに伸ばすように、悪い点は気をつけて直すようになるように工夫はしている。また、前回で伝えたことと異なったり、次の担当者が人事考課をしても困らないように、面接した際に伝えたことは、すべて記録している。

2.業務も育児もゆったりした気持ちで、労働者に行ってもらうために制度を取り入れた。家事もしなければならない主婦層の多い職場であるので、せかせかした気持ちが、業務にも家事にも影響を与えないように考える必要があった。

取組の効果

・定着率は、ざっと98%程度である。
・直近1年間の離職者は1名である。離職理由は、結婚転居によるものである。