雇用管理サポートシステム

事例No.124

○主な事業:老健 ○法人形態:医療法人 ○地区:九州

取組内容

1.新人研修を行い、期間中に法人全体の各事業所における業務を体験してもらう。

また、全体の流れを知ってもらうことにより、各事業所との繋がりや他の部署とのスタッフにおけるコミュニケーションをとる機会を設けている。

2.採用1ヶ月後に、必ず面談を実施。仕事上の相談等を聞く機会を設けている。

3.年始に、仕事についての希望や相談等を聞く面談の機会を設けている。(相談は随時)

4.部署間での情報伝達の効率化を図る為、パソコンから各部署へ一斉にメールを発信している。

取組の背景

・休みの日における、スタッフへの連絡事項を改善すべき認識があった。

・退職時における、スタッフの不満があった。

取組の効果

・法人全体の行事における参加スタッフの増加。

・パソコンに対してのスタッフにおける操作能力の向上。

・メールの使用で、一連の情報伝達の流れがスムーズになった。

・退職率の減少。