雇用管理サポートシステム

事例No.112

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:近畿

取組内容

1.毎年、管理者による人事ヒアリングを実施し、本人の異動や業務変更等について希望を聞く機会を設けている。

2.新たな雇用形態として、勤務地(地域)や職種を限定した正規職員を創設した。更には、非常勤職員から正規職員への登用制度としても位置づけている。

取組の背景

1.法人規模が大きいため、人事異動がある。

2.優秀な非常勤職員が他法人の正規職員へと流出してしまう。また、正規職員になれば労働条件として異動を伴うことになり、異動を嫌うが故に正規職員になりたがらない非常勤職員がいる。

取組の効果

1.管理者が直接人事ヒアリングをすることで、本人の思いや希望、本人を取り巻く環境を聞くことができるため、適材適所に職員を配置することができる。

2.優秀な職員の流出を防止することができる。更には、非常勤職員のモチベーションを高めることができるし、非常勤職員の確保にも良い影響を与えることができる。