雇用管理サポートシステム

事例No.103

○主な事業:特養 ○法人形態:社会福祉法人・社協 ○地区:北海道・東北

取組内容

1.募集はハローワークとホームページとしているが応募者が少ないため、中途採用に向けて外部が行う面接会等に積極的に参加して、良質な職員の確保に努めている。 学卒(専門学校)は応募者があるため、毎年5名程度採用試験を行い採用している。

2.職員の処遇改善として、1年経過後人事考課により、正職員登用を図っている。

3.業務負担を軽減する為、職員の意見を反映して3交代制から2交代制とした。

4.外部セミナー、講習等に係る研修は、職員に合ったコースに参加させ意欲度とスキルアップの向上に努めている。

取組の背景

・魅力ある処遇改善を図り、良好な職員を確保したい。

・業務負担の軽減、介護技術のスキルアップを支援する等で、職場定着を図りたい。

取組の効果

従来学卒者の中では、短期間の離職者もいたが、19年、20年採用者(各5名)には離職者が出ていない。